彼氏に性病をもらいジスロマックで治す際の胃の不快感

彼氏から性感染症を移されてしまうというケースは、女性の場合少なくありません。
男性はパートナーがいても他の女性と性行為をしたくなってしまう本能を持っているので、他の女性と性行為をしてそのまま性感染症をもらってくるということがあります。
彼氏が性感染症になっていれば、性行為をすることによって移されてしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

パートナーが居る男性が気軽に性欲を満たすことができる相手となれば、性的なサービスを行っている店で働く女性などが多いものですから、余計に性感染症になるリスクが高いのです。
不幸にもそのような経路で感染をしてしまった場合、治療をしなければなりませんがその際に選ばれることが多い薬としてジスロマックがあります。
この薬はメリットが大きな薬であるため最初に選ばれることが多いのですが、副作用として胃の不快感がでることもあります。

ジスロマックは比較的副作用の少ない薬となっているのですが、下痢や腹部の違和感といったものが出ることもあるので胃に不快感を覚えるということもあるのです。
ただし傾向としてはそれほど心配をする必要はなく、このような副作用に関しては他の薬に関しても同様となるので、受け入れることが大切です。

もうひとつ大切なこととしてはその後も彼氏と関係を継続していくのであれば、同時に彼氏も治療をする必要があります。
どちらか片方だけが完治をしてもパートナーが感染をしたままでは再度移されてしまうことになりますから、必ず同時に治療をしてどちらも完治をしたということを確認してから性行為をするようにしましょう。
そうしなければ、いつまでたっても治ることがないため注意が必要です。