クラミジアの前兆があるならジスロマック、乾燥に注意

性病の一種として、クラミジア感染症というものがあります。
性病に感染してしまったときには、身体の症状として前兆が現れることが多いです。
かゆみや不快感を感じるときや、痛みや腫れが現れたり、できもの、ただれなどが発症する可能性があります。
何らかの性病に感染しているのではないかと疑われるときは、速やかに皮膚科や泌尿器科、婦人科などを受診することがおすすめとなります。
クラミジアに感染している場合には、医療機関でジスロマックという医薬品を処方してもらえます。
海外で多く利用されている医薬品で、日本の医療機関でも取り扱いが行われており、妊婦でも安全に服用することができます。
ジスロマックは1回服用するだけで、医薬品の効果が7日間継続する特徴があり、クラミジアに感染したときに90%の確率で治癒することができます。
ジスロマックは主成分としてアジスロマイシン水和物が配合されており、細菌による感染症に有効性の高い医薬品として知られています。
アジスロマイシンはグラム陰性菌や陽性菌に対して、高い治癒力があると考えられています。
ジスロマックの特徴には副作用が少ないという点もありますが、副作用が発症したときの主な症状としては、腹痛や発熱、嘔吐、下痢などが起きます。
マクロライド系の抗生物質に関しては、下痢を起こしやすい性質を持っていることが知られています。
副作用に関しては皮膚が乾燥するなどの症状が現れる場合もありますので、服用する方法や用量を守って投与する必要があります。
ジスロマックと併用禁忌となっているものには、エルゴタミンが含まれている製剤となります。
エルゴタミン製剤と併用したときには、血管が委縮することが考えられるために、医者に相談する必要があります。